牛久で人気のある霊園にたてられるお墓の種類


人が死ぬと必ずしもというわけではないですが、ほとんど入ることがある。
お墓。このお墓は昔は墓標が多かったのですが、今では自由化も幅広く。
宗教や形、デザインにこだわらずさまざまなお墓をたてることができます

霊園や墓地に建てる場合、区画というお墓を建てられるスペースが設けられます。
その際に区画にあったお墓を建てることができます。
霊園に建てられるお墓の種類にはどんなのがあるでしょうか。DC004

ちなみに私の知っている牛久にある霊園は広々としていて

どんなお墓も建てられるんですよ!

【和型】

日本ではもっとも標準的なお墓の形です。石の種類は選ぶことができます。
先祖代々墓や○○家之墓など、自分の名前や一族の名前を刻むことができます。
後ろ側のほうに卒塔婆を何本か並べ、卒塔婆は戒名をもらうために建てられます。今でも変わらずあります。

【洋型】

外国では標準的な横幅の広いお墓です。公園墓地や芝生墓地などで
よく見かけるタイプ。和型と比較すると、刻める文字の数や
段数もずいぶんと自由度が高いので、最近は若者にこういったお墓が
人気のようです。英語でおしゃれに自分の名前を刻んでみたいですね。

【デザイン墓】

洋形も和型も嫌だ!自分の考えたお墓に入りたい!
そんな自由な人にはデザイン墓がおすすめです。サッカーが好きであれば
サッカーボールの形、バイオリニストだったらバイオリンの形にすることができます。